CSR

役員報酬の方針

当社の役員報酬等については、各々の経営能力、貢献度等を考慮して決定しております。
2015年6月26日開催の第67回定時株主総会において、当社の取締役(監査等委員であるものを除く。)の報酬等の額を年額130,000千円以内(使用人兼務取締役の使用人給与は含まない。)、監査等委員である取締役の報酬等の額を年額20,000千円以内とすることを決議しております。なお、当社は定款にて取締役(監査等委員であるものを除く。)の員数を12名以内、監査等委員である取締役の員数を4名以内と定めており、同決議日時点の取締役(監査等委員であるものを除く。)の員数は6名、監査等委員である取締役の員数は3名であります。また、有価証券報告書の提出日現在、取締役(監査等委員であるものを除く。)の員数は7名、監査等委員である取締役の員数は3名となっております。

当社の役員の報酬等の額又は算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は、取締役会により委任された代表取締役社長であり、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において、各々の経営能力、貢献度等を考慮して決定する権限を有しております。

2020年12月期における当社の役員報酬の額は、2020年6月24日の取締役会において取締役報酬の個人配分を代表取締役社長に一任しております。
当社は明確な業績連動報酬は採用しておりませんが、経営成績を総合的に勘案して期末賞与の支給の可否並びに支給額を決定しております。