CSR

  • home
  • CSR
  • コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの状況

企業統治の体制

当社では、経営の透明性の向上、経営責任の明確化、経営効率の向上、経営監視機能の強化を図り、株主重視の公正な経営を徹底していくことと、ステークホルダーに対する説明責任を果たすことを目指したコーポレート・ガバナンスの確立を経営の最重要課題と位置づけております。

企業統治の体制の概要とその体制を採用する理由

重要な業務の執行は取締役7名(監査等委員3名を含む)で構成する取締役会で決定しております。また、社外取締役2名を含む3名で構成される監査等委員会は、内部統制を担当する監査部と連携し、監査計画に基づいて事業所等への往査等を実施しています。

体制の状況は次の図表のとおりであります。

governance_2017_06.png