株主・投資家情報

事業内容、方針

情報システム事業

[事業内容]

情報システム事業では、一般道・高速道路情報表示システムをはじめ河川情報表示システム、トンネル防災システム、津波情報表示システム、LEDによるインフォメーション・ディスプレイ、LED式信号機、リチウムイオン電池式無停電電源装置など、高度情報化時代のコミュニケーションツールとしてあらゆるシーンへの対応を積極的に展開しています。


[事業展開方針]

品質と技術力の向上により低コスト経営の実践と顧客満足を高めることにより、事業収益性を高めます。

独自技術の育成とシステム製品への展開により事業を拡大します。

新規顧客と販売ルートの拡大により新たな事業展開を構築します。


情報システム事業_売上高

照明事業

[事業内容]

産業用照明事業では、プラントや石油精製所の爆発危険場所など、厳しい環境下で使用される照明器具を長年にわたり提供。防水性、気密性、耐食性、堅牢性といった高度な技術を基盤に、LED照明のラインナップを拡充しています。また道路・トンネル照明事業においては、一般道・高速道路の照明、トンネル照明、街路照明、景観照明等に多くの実績を誇っています。照明用LEDモジュール製品事業では、最適な演色性を求められる用途に使用できる製品を開発・提供しています。


[事業展開方針]

品質と技術力を飛躍的に向上させ、顧客満足の向上と低コスト経営を実現することにより、収益体質の強化と高事業収益を実現します。

新事業領域の拡大により、売上・事業収益を拡大します。

システム化製品への転換で、差別化と高付加価値を実現します。


照明事業_売上高.

コンポーネント事業

[事業内容]

ノイズ対策製品事業では、デジタル機器の普及にともない増えている電磁ノイズの遮断、あるいは発生を防ぐ製品の開発・製造を実施しています。配線保護機材事業では、1963年の「カッチングダクト」発売以来、この分野のパイオニアとしての地位を確立し、使いやすいケーブルアクセサリーを幅広く提供しています。


[事業展開方針]

事業領域としてはB to Bで且つニッチ市場(ニッチトップ)にハードとソフト両面とエンジニアリング領域の展開を図り事業基盤を強化します。

既存コア技術の単機能から複合機能への転換を図り新市場領域の創出と参入により事業を拡大します。

技術戦略として材料開発、高機能製品化(付加価値製品)及び新技術の研究、新分野領域への技術力を強化します。


コンポーネント事業_売上高

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針
 当社は、星和電機グループ行動憲章において、「企業情報の適宜適切な提供」を定めており、株主・投資家、お客様、取引先など当社に関わるあらゆるステークホルダーの皆様に当社に関する情報を公正かつ迅速に開示することを情報開示の基本方針とします。

2.情報開示基準
 当社は、金融商品取引法、その他法令および東京証券取引所が定める「適時開示規則」に従って、適時適切な情報開示を行ないます。また、法定開示ならびに適時開示規則に該当しない任意開示情報についても、投資家の皆様の投資判断に影響を与えると思われる情報や当社を理解していただくために有効と思われる情報については、情報開示を行ないます。

3.情報開示の方法
 適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所が提供する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」を通じて開示します。開示後、速やかに報道機関に開示情報を提供するとともに、当社ホームページ上にも掲載します。
 適時開示規則に該当しない情報の開示についても、当該情報の内容に応じて、適切な方法によって開示します。

4.取締役会の役割
 取締役会は、投資家等からのフィードバックを含めたIR活動の状況について、年1回以上担当部署より報告を受け、その状況を踏まえて適宜適切な指示を行ないます。また、投資家等の意見等に対する説明責任を果たすとともに、有用な意見等を経営戦略に反映するように努めます。

5.沈黙期間
 当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために、決算期末の翌日から当該決算発表日までを「沈黙期間」として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えさせていただきます。沈黙期間中に適時開示が要請される事項が生じた場合には、適宜、開示します。

6.業績予想と将来の見通しについて
 当社では、決算短信に記載する業績予想に加えて、将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。また、メディア、説明会、各種資料、質疑応答等には、将来の見通し、見解などが含まれる場合があります。いずれの場合におきましても、過去の事実でないものは、一定の前提の下に作成されたその時点での当社の判断に基づいております。従いまして、現実の業績の数値、結果等は、今後の事業運営や経済情勢等の変化により、開示情報に含まれる将来の見通しと異なる可能性があることをご承知おき願います。

7.情報開示体制の概要
 ・適時開示情報の開示体制
  (任意開示情報の取締役会承認案件も該当)


「ホワイト物流」自主行動宣言

星和電機株式会社は、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推進する「ホワイト物流」推進運動に賛同し、2019年9月27日に自主行動宣言を提出しました。


トラック運転者不足の深刻化により、トラックの調達が難しくなってきています。このため、国民生活や産業活動に必要な物流機能を安定的に確保するための取組みを広めていくことが求められています。
「ホワイト物流」推進運動とは、長時間労働の是正等の働き方改革を進めながら、物流を安定的に維持してくために以下に取り組む運動です。

①トラック輸送の生産性向上・物流の効率化
②女性や60代の運転者等も働きやすいより「ホワイト」な労働環境の実現

           

物流の改善に向けては、荷主企業・物流事業者等の関係者が連携して相互に改善を提案し、協力して実現することが大切です。当社は、取引先や物流事業者等の関係者と相互理解の下に連携し、今後も生産性向上や働き方改革につながる物流の改善を推進してまいります。


「ホワイト物流」推進運動 持続可能な物流の実現に向けた自主行動宣言