株主・投資家情報IR

決算期(事業年度の末日)の変更に関するお知らせ

2019年12月27日

当社は、本日(2019年12月27日)開催の取締役会において、2020 年 6 月下旬に開催予定の第 72 期定時株主総会で「定款一部変更の件」が承認されることを条件として、決算期の変更を行うことを決議しましたので、下記の通りお知らせいたします。


1.変更の理由

当社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとしておりますが、情報機器事業および照明機器事業は、事業の特性上毎年1月から3月が繁忙期に当たるため、売上高等の季節要因に伴う業績への影響を緩和し、事業運営の効率化を図るとともに、業績等の経営情報の適時・適切な開示による経営の透明性を向上させるとして、決算期を変更するものであります。

2.決算期変更の内容
現 在   毎年  : 3月31日
変更後 毎年 : 12月31日


(注)決算期変更の経過期間となる第73期は、2020年4月1日から2020年12月31日までの9か月決算となる予定です。また、現在、決算期が12月31日以外の連結子会社につきましても、同様の変更を行う予定です。
第74期は2021年1月1日から2021年12月31日までの12か月決算となる予定です。


3.今後の見通し

第73期の業績見通しにつきましては、2020年5月に開示予定の2020年3月期決算短信で公表する予定です。

「3.今後の見通し」につきましては、2020年5月13日の2020年3月期決算短信で公表いたしました。

  • 4.定款の変更について

    決算期(事業年度の末日)の変更に伴う定款の変更案につきましては、2020年6月下旬に開催予定の第72期定時株主総会の付議議案として、「定款一部変更の件」を2020年5月開催予定の取締役会にて決議した後、速やかに開示いたします。

    「4.定款の変更」につきましては、2020年6月24日に開催されました株主総会にて定款一部変更に関する議案について承認可決されました。

  • 以 上