製品情報

高欄灯

道路

概要と特長

高欄照明は、ポール照明が採用できない場所において、橋梁の高欄や道路の側壁に低位置照明器具を取り付けて道路を照らす方式です。

  • このページをプリント

高欄灯

  • 高欄灯
  • 高欄灯
  • 高欄灯
  • 高欄灯

高欄灯

ポールを設置しないので、昼間の景観が良く、前方の視認性が優れており、ジャンクション等の複雑な道路構造の場所では高い視線誘導効果が得られます。

設置例

設置例2

高欄灯(高架橋照明)

ポールを設置しないので、昼間の景観が良く、前方の視認性が優れており、道路の景観を損なわず、すっきりしており、高い視線誘導効果が得られます。

設置例

    製品図面が欲しいのですが、ホームページ内に掲載されていますか?

    はい。掲載しております。

    下記の図面検索ボタンを押下してください。

    図面検索ボタン.jpg

    照明機器製品TOPページの図面検索ボタンからも検索が可能です。
    (照明器具、機器、その他の分類より選択の上、お進み下さい)

    検索方法は、以下の2パターンとなります。

      ①型式の前方一致検索
      ②チェックボックス選択による検索

    ※外形図のPDFと姿図のdxfを公開しています。
    外形図のdxfファイルをご入用の方は、“お近くの支社・営業所”または“お問い合わせフォーム”よりご連絡ください。

    LED照明器具にした際のメリットを教えてください。
    省エネ、省スペース、水銀レス、低誘虫がメリットとしてあげられます。
    道路情報掲示板はなぜ、赤・オレンジ・緑の三色なんでしょうか?
    赤が警告、オレンジが注意、緑で通常の情報と分けて表示されています。また、違いが分かりやすく、見えやすい(視認性が良い)色を使用しています。
    道路情報板以外ではどのようなラインナップがありますか?
    河川情報板、津波情報板、冠水警報表示板などをラインナップしております。詳細は、情報表示システムの製品紹介ページをご覧ください。
    道路情報板の大きさは、どのぐらいですか?
    様々な大きさがありますが、車のスピードの速い場所に設置するか?どのぐらいの距離から見ることが出来るか?などの観点で決められています。例えば、高速道路に設置しているCL1形情報板の大きさは、縦2m 横8.7mと非常に大きいものとなっております。
この製品に関するお問い合わせ

関連製品

導入事例 カタログダウンロード 展示会・セミナー情報 図面検索 簡易照明計算ソフト STAR LITER 動画ライブラリー グリーン購入法