製品情報

冠水警報表示システム

道路

概要と特長

■水位レベルの設定により、「冠水注意」「冠水進入禁止」等を自動表示し、キセノン灯を点灯してアンダーパス利用者へ注意喚起を速やかに行います。
■水位センサにより、アンダーパスの冠水情報(水位)をリアルタイムに監視できます。

  • このページをプリント

冠水警報表示システム

  • 冠水警報表示システム

道路管理者へのEメール通報(冠水情報・設備監視)

■インターネット回線を利用して、管理者に冠水情報・設備監視情報をEメールでお知らせします。


■災害や停電により、通信システムが不通となった場合でも、設定された水位レベルにより、 冠水警報を行うことが可能です。復旧時は、全監視情報をEメールでお知らせします。

システム系統図

システム系統図

タッチパネル操作画面(例)

タッチパネル操作画面(例)

詳細

仕様概要

仕様概要表

表示パターン例(マルチカラー表示板)

表示パターン例

機器外形図

機器外形図

    道路情報掲示板はなぜ、赤・オレンジ・緑の三色なんでしょうか?
    赤が警告、オレンジが注意、緑で通常の情報と分けて表示されています。また、違いが分かりやすく、見えやすい(視認性が良い)色を使用しています。
    道路情報板以外ではどのようなラインナップがありますか?
    河川情報板、津波情報板、冠水警報表示板などをラインナップしております。詳細は、情報表示システムの製品紹介ページをご覧ください。
    道路情報板の大きさは、どのぐらいですか?
    様々な大きさがありますが、車のスピードの速い場所に設置するか?どのぐらいの距離から見ることが出来るか?などの観点で決められています。例えば、高速道路に設置しているCL1形情報板の大きさは、縦2m 横8.7mと非常に大きいものとなっております。
この製品に関するお問い合わせ