製品情報

カッチングダクト 接続パーツ

RoHS適合品 鉛フリー

概要と特長

●ダクト接続部の意匠性、品質向上に最適です。
●ダクトにオーバーラップできる構造で、配線工数を低減できます。

  • カタログ
  • このページをプリント

カッチングダクト 接続パーツ

  • カッチングダクト 接続パーツ
  • カッチングダクト 接続パーツ
  • カッチングダクト 接続パーツ
材質:ポリ塩化ビニル樹脂(グレー)
形番 接続部 対応カッチングダクト 電線収納本数
(IV2sq換算)
1梱包入数
DPT-36 T字

 

AD-362

BDR-362

 

65本

10個

DPL-36 L字
 
DP.JPG
 

※ポリ塩化ビニル製ダクトを焼却しますと、有害ガスが発生することがありますのでご注意ください。

 

試験項目 試験方法 単位 特性 試験条件
引張降伏応力 JIS K 6741 MPa 54 10mm/min
引張伸び JIS K 6741  % 190 10mm/min
曲げ弾性率 JIS K 7171 MPa 2930 -
曲げ強さ JIS K 7171 MPa 74 -
シャルピー衝撃値 JIS K 7111 kJ/㎥ 3.7

-

ビカット軟化温度 JIS K 7206 83 荷重10N
比重 JIS K 7112 - 1.40 -
難燃性 UL-94 - V-0相当  

上記特性値は実測値であり、保証値ではありません。使用温度範囲 -20℃~60℃

    製品図面が欲しいのですが、ホームページに掲載されていますか?

    はい。掲載しております。

    下記の図面検索ボタンを押下してください。

    図面検索ボタン.jpg

    ケーブルアクセサリー製品TOPページの図面検索ボタンからも検索が可能です。
    (上記タブより、カッチングダクトを選択の上、お進み下さい)

    屋外使用はできますか?
    耐侯剤を添加していないため、基本的には使用できません。
    電線収納本数は断面積の40%と言う事ですが、根拠は?
    電線の被覆絶縁物を含む断面積の総和が管の内断面積の48%以下とすることができる。
    電線の被覆絶縁物を含む断面積の総和が管の内断面積の32%以下となるように選定することを原則とする。
    (内線規程 JEAC 8001 410-5 管の太さの選定より抜粋)
    とあるので、両者の平均をとって40%としています。
    カタログに掲載されている電線収納本数(IV換算)の算出方法は?
    被覆を含めた電線の断面積(IV2sq JIS C 3307(IV線)導体断面積2mm2 仕上がり外径φ3.4)が、ダクトの断面積の40%を占める本数です。
    RoHS対応品かどうかの見分け方は?
    2004年10月1日出荷分より全形番RoHS対応品です。
    手元にダクトがあり判別する場合は、本体底面に『SCZ-800』と記してあればRoHS対応品ですが、それ以外は非対応品です。
この製品に関するお問い合わせ サンプル請求